大自然には科学の不思議が詰まっている! 夏休み企画 楽しく学べば、理科がもっと好きになる!? 第5回「青空サイエンス教室」を開催

2019/04/26

株式会社JTB

 
 東レ株式会社(住所:東京都中央区 代表取締役社長:日覺 昭廣、以下「東レ」)と株式会社JTB(住所:東京都品川区 代表取締役社長:髙橋 広行、以下「JTB」)、株式会社リバネス(住所:東京都新宿区 代表取締役CEO:丸 幸弘、以下「リバネス」)は、小学校3~5年生を対象とした宿泊体験型教室「青空サイエンス教室」を2019年8月1日(木)~8月3日(土)の3日間、山梨県南都留郡富士河口湖町にて開催します。この教室への参加者の募集は2019年4月26日(金)から開始します。今年も公式Facebookページを通じて、4月末の募集開始から8月のイベント終了までの期間を中心に、「青空サイエンス教室」の情報を発信していきます。
 
 「青空サイエンス教室」は、子どもたちが理科を好きになるきっかけの場となることを願い開催するもので、大自然を教材に、楽しみながら自然科学の原理・原則を学んでもらおうというものです。最終日には、学んだことをみんなの前で発表するプレゼンテーションの時間もあり、参加した小学生が一回りも二回りも成長できる夏休みならではの企画です。これまでの「青空サイエンス教室」では、水浄化実験、モデルロケット制作、様々な色に光るレインボーキャンプファイヤーなど、多彩な実験教室プログラムを実施しました。リピーターや過去の参加メンバーの兄弟姉妹による応募も多く、毎年募集定員を超え抽選での参加になるなど大変好評をいただいています。5回目の開催となる今回も、サイエンスの驚きや感動がつまったキャンプになるよう、幅広いプログラムを用意しています。
 なお本企画は、JTBが同社の親子で楽しめる自然体験・仕事体験などのホンモノ体験を提供するJTB「旅いく」プログラムの一環として旅行企画・実施するものです。そして、内容の企画を東レが、プログラム監修をリバネスが担当します。

 日本ではいわゆる子どもたちの「理科離れ」によって、国内で将来の研究者や技術者が育たず、技術力の低下やものづくりの基盤の弱体化につながっているのではないかという指摘があります。このような状況を受け、東レでは出張授業などの理科教育支援活動に加えて、宿泊体験型のプログラムとして「青空サイエンス教室」を提案し、JTB、リバネスらとともに企画・開催してきました。今年で5回目を迎えるこの教室は年々応募者が増加しており、保護者や子どもたちの理科への関心が薄れていないことが伺われます。
 我々は、この取り組みが理科好きの子どもを増やし、ゆくゆくは将来の科学技術発展を担う、次世代の人材育成につながることを願っています。

「青空サイエンス教室」についての詳細・参加条件・申込方法などは、下記URLからご確認下さい。
< JTB/申込サイトhttps://tabi-iku.jtbbwt.com/feature-static/aozora_science/index.html
< 東レ/青空サイエンス教室サイト https://www.toray.co.jp/education/ >
< 青空サイエンス教室Facebookページ https://www.facebook.com/aozorascience/ >


■第5回「青空サイエンス教室」募集要項【東京駅発着のプランとなります】
・旅行期間:2019年8月1日(木)~8月3日(土)の3日間
・目的地:清水国明の森と湖の楽園
〒401-0302 山梨県南都留郡富士河口湖町小立5606 TEL:0555-73-4116
http://www.workshopresort.com/
・対象:小学校3年生〜5年生
・募集人数:最大40名(最少催行人員25名)
※本旅行につきましては、応募者多数の場合、抽選制となります。
・旅行代金:1名:20,000円(こども1名様)
旅行代金に含まれるもの:プログラム体験代、2泊7食付キャンププログラムに必要な備品代
(食材、料理器具一式レンタル)、バス代(有料道路、乗務員代含む)、施設使用料
・申込UR:https://tabi-iku.jtbbwt.com/feature-static/aozora_science/index.html
・申込受付期間:4月26日(金)〜6月9日(日)
・当選通知期間:6月20日(木)~6月24日(月)

■「青空サイエンス教室」とは
 子どもたちに理科を好きになってもらうために、ワクワクどきどきするちょっと不思議なキャンプを楽しんでもらおうという取り組みです。様々な色に光るキャンプファイヤーが作れるってホント?炭火で焼くBBQがおいしいわけは?いつもより高くジャンプするにはどうしたらいいの?などの疑問を、実体験の中で自然科学の原理・原則を学びながら解き明かします。
 2泊3日の宿泊体験型教室であるこの取り組みは、いつもと違う青空の下、子どもたちが、大自然を教材に思いっきり没頭して遊びながら、いつのまにか理科を好きになっているというゴールを目指しています。
 「青空サイエンス教室」全行程には、子ども向けサイエンスプログラム運営に精通した「サイエンスブリッジコミュニケーター」※が同行しています。そのコミュニケーターのリーダーシップのもと、子どもたちは自然体験を通して理科の楽しさを体感し、自ら考える力を身に着けることができる内容となっています。
 今年も、毎年子どもたちに大人気のロケット制作やレインボーキャンプファイヤー、昨年実施し人気を博したスポーツを取り入れたプログラム等、様々な企画を予定しています。

※サイエンスブリッジコミュニケ―タ―:
小中高校生向けの実験教室や出前授業などの教育サービスを提供するリバネスが、若手研究者向けの人材育成プログラム「サイエンスブリッジリーダー育成講座」を開き、座学と実地の研修を経て最終面接を通過した人に発行する資格。

■「旅いく」とは
 JTBが2010年夏より開始し、3~12歳の子どもを持つ家族に向け、ホンモノ体験の宝庫の「旅」を通じて子ども達の好奇心を育み、成長を手助けする取り組みです。子どもの成長に繋がる家族でのお出かけの楽しみ方や、体験プログラムをJTB「旅いく」サイトで提供しています。
< JTB旅いくサイト https://tabi-iku.jtbbwt.com/ >

■昨年の実施内容
 昨年の「青空サイエンス教室」では、河口湖の大自然の中、サイエンスブリッジコミュニケーター同伴のもと、バーベキューやキャンプファイヤーといったレクリエーション活動を楽しみながら、水浄化実験、モデルロケット制作、東レアローズ男子バレーボール部OBと挑戦するスポーツサイエンスなど、多彩な実験教室プログラムを行いました。2泊3日のキャンプ最終日には、一人ひとりが一番楽しかったことをみんなの前で発表するプレゼンテーションを行い、それぞれが「青空サイエンス教室」を思いっきり楽しんだ様子が伺えました。

 ■昨年参加者の声
・たのしいことがありすぎて、一番がえらべません。全部おもしろかったです。
・ロケットとばしや、カーボンファイバー、キャンプファイヤーが楽しかったです。また行きたいと思いました。
・「サイエンス」ってとってもたのしいことがわかった。
・やさしくて、でも自分の力になるように教えてくれてうれしかったです。

■昨年参加者のご家族の声
・キャンプファイヤーやロケット制作、テントに寝袋など、ワクワクドキドキの連続だったようで、帰宅してからもキャンプの話が止まりません。
・本人は楽しい体験が沢山だった為、学ぶという意識は無かったようで、それほど夢中になれたようです。お友達と仲良くなれたことも嬉しそうに話してくれました。
・盛りだくさんで、全て専門家の方に指導いただき、子どもはたくさんの刺激を受けたようです。とくに高くジャンプできる方法など、体操分野が思った以上に発見があって楽しかった様子でした。
 
 

                                                                       BBQ(火のおこし方)

                                                                       スポーツサイエンス

                                                                       モデルロケット制作

 
■東レ株式会社について
 東レは1926年に設立された、創業90年を超える総合化学企業です。有機合成化学、高分子化学、バイオテクノロジー、ナノテクノロジーをコア技術とし、繊維事業、プラスチック・ケミカル事業などの基幹事業に加え、情報通信材料・機器事業、炭素繊維複合材料事業、ライフサイエンス事業、水処理事業などを、世界26ヶ国・地域でグローバルに展開しています。

■株式会社JTBについて
 JTBグループは1912年に前身となる「ジャパン・ツーリスト・ビューロー」を創立、創業100年を超える企業です。
 2018年4月より新たな事業ドメインとして「交流創造事業~JTBならではのソリューション(商品・サービス・情報および仕組み)の提供により、地球を舞台にあらゆる交流を創造し、お客様の感動・共感を呼び起こすこと。」を掲げ、グループをあげて第三の創業にチャレンジして参ります。
 地球を舞台に、個人や法人のお客様の課題はもとより、地球、国、社会が抱える課題を解決し、お客様にとっての成果をお約束する。このことを通じて、観光先進国日本の実現と、ツーリズム産業の発展に寄与して参ります。

■株式会社リバネスについて
 2002年6月に設立され、「科学技術の発展と地球貢献を実現する」ために集まった理工系の修士・博士号取得者63名で構成される研究者集団。サイエンスとテクノロジーを分かりやすく伝えることを軸に、教育開発事業部、人材開発事業部、研究開発事業部、戦略開発事業部、創業開発事業部、地域開発事業部、国際開発事業部の7つの事業を展開しています。
【全体に関するお問い合わせ先】
  東レ 広報室       TEL: 03-3245-5179
  JTB 広報室        TEL: 03-5796-5833
リバネス 教育開発事業部 TEL: 03-5227-4198
【旅行内容に関する一般の方からのお問い合わせ先】
  JTB 新宿第二事業部 営業第四課 TEL: 03-5909-8114
ページトップへ