JTBコミュニケーションデザインとラオックスが業務提携契約を締結

2018/10/12

 

 JTB グループで様々なコミュニケーションサービスを提供する株式会社 JTB コミュニケーションデザイン(東京都港区、代表取締役社長:細野 顕宏、以下 JTB コミュニケーションデザイン)は、ラオックス株式会社(東京都港区、代表取締役社長:羅怡文、以下 ラオックス)と、ラオックスが持つソリューションを活用した訪日中国人向けインバウンドプロモーションメニュー(以下ラオックスインバウンドソリューション)の開発と販売における業務提携契約を本日締結し、10 月 17 日よりサービスの提供を開始致します。

 

 日本政府観光局(JNTO)の発表では、2018 年 8 月の訪日外客数推計値が前年同月比 4.1%増の 257 万 8 千人となり、2018 年の累計訪日外客数(2018 年 1 月~8 月)は 2,000 万人を超えました。中でも中国からの訪日旅行者数は 2018 年 8 月には 86 万人で国・地域別では首位となっており、今後さらなる増加が見込まれます。

 

 今回の提携では、総合免税店として全国各地で約 40 店舗を展開し、年間約 220 万超の中国人訪日客を迎えるラオックスと、約30 年にわたり訪日プロモーションにおける多くの取扱実績を持つJTB コミュニケーションデザインがタッグを組み、訪日中国人に向けた直接的なアプローチを行うことで購買行動を促す、訪日中国人向けインバウンドプロモーションメニューを提供します。

 

 第一段として展開する提供メニューは、(1)来店者アンケート等による調査支援サービス(2)ラオックス店内でのサンプリングやラオックス SNS 会員に向けた広告配信等のプロモーションサービス、(3)店内特別販促コーナーやラオックス越境 EC サイト等での販売支援サービス、の 3 サービスです。主に、訪日中国人消費を狙うメーカーをはじめとする企業、また、地方創生の起爆剤としてインバウンドに力を入れる地方自治体に向けて販売し、今後、サービス内容を順次拡充していく予定です。

 

 今回のサービス提供により、JTB コミュニケーションデザインは、質の高い商品やサービスを提供する日本企業や自治体と訪日中国人客とのコミュニケーションポイントを増やすことで、世界に誇る日本の商品とおもてなしの認知を拡大し提供していきます。さらに、両社で取組む「ラオックスインバウンドソリューション」サービスを通して、日本のインバウンド市場の更なる活性化に貢献してまいります。

 

<報道関係の方からのお問合わせ先>
JTB 広報室
TEL:03-5796-5833
<一般のお客様からのお問合わせ先>
JTB コミュニケーションデザイン
プロモーション事業部
インバウンドプロモーション推進局
TEL:03-5657-0618
E-mail: toiawase@jtbcom.co.jp
担当:米川、加藤
ページトップへ