【共同リリース】 宮崎県耳川水系ダム・発電所ツアーを実施

2018/09/26

株式会社JTB

株式会社JTB(本社:東京都品川区 代表取締役社長:髙橋広行、以下JTB)と九州電力株式会社(本社:福岡県福岡市 代表取締役社長執行役員:池辺 和弘、以下九州電力)は、ダムや水力発電所、再生可能エネルギーへの関心が高いお客さまを対象に、宮崎県耳川水系にある九州電力の上椎葉ダム・発電所などを見学する体験ツアーを、11月23日(金・祝)~24 日(土)に実施します。 

両社は、宮崎県に多くの水力発電設備が立地していることに着目し、これらの設備を観光資源として活用することにより、ダムや発電所周辺地域の活性化を目的に、「九州電力にしか提供できないツアー」を基本コンセプトとして、以下のとおり今回のツアーを企画しました。 

9月27日(木)午前10時より、JTBホームページおよび電話にて販売を開始します。

【ツアー概要】

ツアー名: 宮崎県耳川水系 ダム・発電所
ツアー見学個所: 九州電力 上椎葉ダム・発電所ほか
旅行代金: 大人1名 49,000円
出 発 日: 11月23日(金・祝) 1泊2日
募集人数: 先着25名様(ただし、18歳以上に限る)
お申込み先: たびーと(http://www.jtb.co.jp/tabeat/
       または、JTB宮崎支店 〔電話:0985-29-3511(平日9:30~17:30)〕

 

【ツアーのポイント】

通常一般のお客さまが見学することのできない、ダムや発電所内を九州電力社員がご案内

  • ダムの巡視点検作業を体感いただく「上椎葉ダムキャットウォーク」の歩行体験
  • 今しか見ることができない工事中のダムや発電設備の見学
  • ダム巡視点検通路(キャットウォーク)等で、ドローンによる記念撮影※(ダムカードとともに撮影した写真をプレゼント) ※ 気象状況により、実施できない場合がございます。

耳川水系は、日本初の大規模アーチ式ダムである上椎葉ダムをはじめ、登録有形文化財・近代化産業遺産でもある塚原ダムなど特徴的なダムが複数あるほか、山須原ダムや塚原発電所など工事中のダムや発電所も     あり、水力発電の見どころが豊富な水系です。

 

今後、今回のツアーの実施結果を基に、これまで一般のお客さまに公開していなかったダムや発電所などについて、観光資源としての活用方法の検討を進めてまいります。

 

【上椎葉(かみしいば)ダム・発電所】

上椎葉ダムは、宮崎県椎葉村にある昭和30年に建設された高さ110mの日本初の大規模なアーチ式ダムで、ダム湖はダム湖百選のひとつです。このダムの水を利用する上椎葉発電所は、最大約9万kWの電気をつくることができます。

【塚原(つかばる)ダム】

宮崎県諸塚村に昭和13年に建設された高さ87mの重力式ダムです。建設当時は東洋一の高さを誇り、万里の長城のような小塔や意匠を凝らした欄干など、戦前に建設されたダムとしては、デザイン性に富んだダムです。国の「登録有形文化財」に登録、経済産業省の「近代化産業遺産」に認定されています。

【工事中のダム・発電所】

山須原ダム(諸塚村・美郷町)は、現在ダムの改造工事を実施しており、今回新たに据え付けるゲートは、ラジアルゲートの中では面積が日本最大のものになる予定です。改造工事のため、仮のゲートを設置し、工事箇所周辺に河川の水が流れ込まないよう、水を堰き止めるとともに、洪水時には安全に水を流せるようにしており、ツアー期間中は、新ゲートと仮設ゲート二つの設備を同時に見学いただけます。
塚原発電所(諸塚村)は、設備の老朽化に伴い、既設発電所の隣に新しく発電所を建設中であり、新旧建屋や水圧鉄管が並び立つ光景は、工事期間中しか見ることができません。また、工事完了後には見学ができなくなる設備もご見学いただく予定です。

〈お問合せ先〉
株式会社JTB広報室 03-5796-5833
九州電力株式会社宮崎支社広報グループ 0985-26-9006
ページトップへ