【共同リリース】「心のバリアフリー」教育の講師養成講座 開発・実施

2018/09/19

株式会社JTB

東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター
富士通株式会社
株式会社 JTB

 

東京大学とオリンピック・パラリンピック等経済界協議会との共同プロジェクト
「心のバリアフリー」教育の講師養成講座の開発と実施について

東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター(東京都文京区、センター長          小国喜弘/以下、東京大学)とオリンピック・パラリンピック等経済界協 議会(以下、経済界協議会)は、政府が推進している「ユニバーサルデザイン 2020 行動計画」に基づいた取り組みの一環として、企業内における「心のバリアフリー」教育 の講師養成講座を実施します。その中で、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取 締役社長          田中達也/以下、富士通)と株式会社 JTB(本社:東京都品川区 代表取締 役社長        髙橋 広行/以下、JTB)は経済界協議会のバリアフリー分科会に所属し、今回の企画運営を主導しています。これにより経済界における「心のバリアフリー」教育の 普及と、2016 年 1 月からスタートした SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)という国際目標達成に向けて、2020 年以降も誰もが暮らしやすい共生社会の実現を目指します。
富士通と JTB は、東京大学の星加准教授と全日本空輸株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、トヨタ自動車株式会社と共に、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部(以下、内閣官房)の「心のバリアフリー」に向けた汎用性のある研修プログラム検討委員会に委員として参加し、5 月に発表された内閣官房の「心のバリアフリー」を学ぶアニメーション教材の制作にも係わらせていただきました。
今回実施する講師養成講座は「心のバリアフリー」に向けた汎用性のある研修プログラムを基に開発され、講師は東京大学の星加准教授が担当いたします。富士通は、音声認識技術を用い、聴覚障害者と健聴者の情報共有をリアルタイムに実現するダイバーシティ・コミュニケーションツール「FUJITSU Software LiveTalk」を用いて、障害の有無に関わらず誰もが教育を受講できる環境を ICT でサポートします。
この講師養成講座は、2018 年 9 月 20 日(木曜日)、10 月 25 日(木曜日)、11 月 29 日(木曜日)と今年は合計 3 回開催し、2020 年まで継続的に実施していく予定です。対象とする企業は、経済界協議会加盟の 100 社以上などから希望を募り、ご要望があれば徐々に対象企業を広げて展開をしていきたいと考えています。

◆「心のバリアフリー」教育の講師養成講座の概要

【目的】
企業内での「心のバリアフリー」に関するベーシック研修ができるようになる。

【受講対象者】
経済界協議会加盟企業および、商工会議所の社員研修担当者など。

【開催日時・場所】
日時:2018 年 9 月 20 日(木曜日)、10 月 25 日(木曜日)、11 月 29 日(木曜日) 各日 13 時~17 時
場所:東京大学 本郷キャンパス(9 月 20 日)
(住所:東京都文京区本郷 7-3-1)
※10 月 25 日、11 月 29 日の開催場所は未定。

【講師】
東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター
准教授   星加良司

【参加費】
無料

【主な内容】
・「障害の社会モデル」の体験的理解
・障害者権利法制の歴史的意義について
・障害差別の類型(合理的配慮を含む)について
・「ユニバーサルデザイン 2020 行動計画」における「心のバリアフリー」について
・障害者などとの関わり方の留意点について
・具体的な研修プログラムの紹介
・意見交換

◆関連リンク

・「ユニバーサルデザイン 2020 行動計画」https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/ud2020kkkaigi/

・「心のバリアフリー」を学ぶアニメーション動画https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/udsuisin/progra m.html

・「FUJITSU Software LiveTalk」http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/products/software/applications/ud/liv etalk/

・オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
「オールジャパン体制で東京 2020 大会等の成功と、その過程でのレガシー作りを通じ、活力ある次世代の日本社会の実現に寄与する」ことを目的に経済 3 団体(経団連、日商・東商、経済同友会)を中心とし活動している団体

[バリアフリー分野の幹事企業:富士通]
http://kyougikai2020.jp/

◆商標について
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ>
東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター
星加研究室 03-5841-2969

富士通株式会社
(報道関係の方からのお問合せ先)
広報 IR 室 03-6252-2175
(その他、一般の方からのお問合せ先)
東京オリンピック・パラリンピック推進本部 パブリックリレーション統括部 03-6252-2007

株式会社 JTB
(報道関係の方からのお問合せ先)
JTB 広報室 03-5796-5833
(その他、一般の方からのお問合せ先)
JTB 個人事業本部 事業統括部 03-5796-5756 担当:関、泊(とまり)
ページトップへ