九州地区のJTB店舗でVRを活用した接客を開始

2018/08/21

株式会社JTB

株式会社 JTB(本社:東京都品川区、代表取締役社長:髙橋広行、以下 JTB)と株式会社 JTB 情報システム(本社:東京都品川区、代表取締役:川並和幸、以下 JTB 情報システム)、ナーブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田英起、以下 ナーブ)の 3 社は、九州 6 県の JTB12店舗において、 バーチャルリアリティ(仮想現実、以下 VR)を活用した接客サービス(以下 本サービス)の実証実験を 2018 年 8 月 20 日より開始します。

 
本サービスは、これまで以上にお客様のニーズにマッチする商品を提案し、ご満足いただくことを目的に実施します。従来型の紙やデジタルパンフレットでは、ホテルの外観や客室の一部の写真のみが掲 載されており、価格以外の情報の多くはイメージするしかありませんでした。本サービス導入により、JTB 店舗で 360 度の VR 映像を体験し、ホテルの館内に実際に入ったような感覚を得ながら、旅行相談をすることが可能になります。パンフレットでのイメージとお客様自身が現地で体感するまでのギャップを事前に埋めることができ、ホテル選びの段階でお客様のニーズにマッチした選択ができるようになります。また、ご旅行出発までの期待値を高めることで、今まで以上に満足度の高い旅の提案を行うことができます。

 
JTB 情報システムでは、2016 年度より最適な ICT を活用した、JTB グループの事業領域拡大を推進しており、VR においてはコンテンツ開発・運用からイベント企画・運営までを担当しています。今回、お客様への商品提案時に、VR を活用することで、ホテル選択時の重要な情報源の提供を行います。本実証実験では企画・運営および VR コンテンツの編集を行います。

 
VR 映像の体験は、ナーブが提供する VR 専用端末『CREWL(クルール)』(以下、クルール)を用いて行います。お客様にご覧いただく VR 映像は、店舗スタッフのデバイス画面にも常時共有されるため、スタッフとコミュニケーションを取りながら、一緒に VR 映像を体験することができます。
なお、本実証実験は 2018 年 8 月 20 日から約 3 カ月間実施する予定です。

 

 

 

コンテンツ概要

サービス開始時、VR で閲覧できるコンテンツは、海外ホテルの客室、外観、レストラン、プール、ラウンジなどです。ハワイなど、5 方面の計 85 ホテル約 400 件の体験が可能です。

・対象地域:ハワイ、ニューカレドニア、タヒチ、バリ、グアム
・対象ホテル:計 85
・対象コンテンツ:約 400 件

※9 月からは対象地域にシンガポールを追加予定。さらに対象地域やホテルは今後拡大する予定です。

 

 ■ ナ ー ブ株式会社 について

ナーブ株式会社(NURVE)は、「人々のライフスタイルを変革するサービスの実現」を目指し、VR 業界におけるマーケットリーダーとして、2015 年に設立されました。「買って体験する」から「買う前 に体験する」に。ナーブは、VR 技術で、購買パターンを根底から変える今までにないプラットフォーム を創りだし、企業の迅速な意思決定と迅速な変化対応能力の向上を支援するとともに、企業の顧客満足度向上にも役立つシステムを提供することを目指しています。(ホームページ:http://www.nurve.jp/)

【報道関係の皆様からのお問合せ先】
JTB 広報室
TEL:03-5796-5833
ナーブ広報部
担当:佐藤彩奈 TEL:03-6635-6199 E-mail:press@nurve.jp

【本件全般に関するお問い合わせ先】
JTB 情報システム ICT 事業本部 ICT 事業部
担当:佐藤俊平 TEL: 03-6367-6330

【VR ソリューションに関するお問合せ先】
ナーブ株式会社 事業統括本部
TEL:03-6635-6199 E-mail:sales@nurve.jp
ページトップへ