「第14回JTB交流創造賞」作品募集

2018/07/30

株式会社JTB

地域・文化・人の新たな出会い

「第 14 回 JTB交流創造賞」作品募集

8 月 1 日(水)募集開始 9 月 15 日(土)締切

交流文化賞(組織・団体部門):新たな知恵や特性を活かした観光交流や地域の取り組みを募集

交流文化賞(一般体験部門) : 人や文化の交流による心に残るあなたの「旅」体験を募集

交流文化賞(ジュニア体験部門) : 人、自然・文化・歴史とのふれあいなど旅で見つけた「感動」体験を募集

 

株式会社JTB(本社:東京都品川区、代表取締役社長:髙橋広行 以下:JTB)は、8 月 1 日(水) より「第 14 回 JTB 交流創造賞」の募集を開始します。

「JTB 交流創造賞」(旧 JTB 交流文化賞)は、2005 年の創設以来、地域に根ざした持続的な交流の創造と各地域の魅力の創出、地域の活性化に寄与することを目的として、毎年開催しており今年で14 回目を迎えます。

 地域(観光地)の組織・団体の取組みを対象とした「組織・団体部門」一般の旅行者を対象とし た「一般体験部門」小中学生対象の「ジュニア体験部門」の 3 部門で募集を行い、それぞれ優秀な作品について厳正な審査を経て表彰します。

 

(参考)第 13 回受賞作品

・「組織・団体部門」最優秀賞:

一般社団法人ReRoots (宮城県仙台市)

被災地域再生に挑め。「仙台の農村」を活かした学生の挑戦

 

・「一般体験部門」最優秀賞:

柴茜さん「ひみつの夏休み」

 

・「ジュニア体験部門 小学生の部」最優秀賞:

小学生の部:柿崎凌太朗君(小学校 6 年生)「『生きる』ことが大切」

 

・「ジュニア体験部門 中学生の部」最優秀賞:

中学生の部:上田史比等君(中学校 3 年生)「無職のライオン」

 

*昨年度応募作品数

組織団体部門 49 作品、一般体験部門 88 作品、ジュニア体験部門 1,313 作品

 

選考は、6人の選考委員によって行い、観光振興・地域活性化の貢献度、新しい出会いの体験度合いを審査基準とします。なお、組織団体部門で選考された作品に対しては、商品化等により魅力を全国に発信していくことを検討します。

JTB グループは、事業パートナーやお客様とともに、地域が本来持ち合わせている自然や文化、歴史などの価値を損なうことなく、地域の特性を存分に活かした持続的な「交流」の創造・活性化へ寄与していくことを目的に、企業の社会的責任と「地域の誇りとなる持続可能な観光」、「旅行者への新鮮な感動」の実現を支援していきます。

<報道関係の皆様からの問合せ先>
JTB 広報室 03-5796-5833
ページトップへ