大分県とJTB九州が、ラグビーワールドカップ2019日本大会に関する連携と協力に関する協定を締結

2018/02/07

株式会社JTB九州

株式会社 JTB 九州(本社:福岡市中央区 代表取締役社長:古田 和吉、以下 JTB 九 州)は、「ラグビーワールドカップ 2019 日本大会(以下 RWC2019)」で、予選・準々決勝 あわせて、5試合が開催される大分県において、観戦客、とりわけヨーロッパ・オセアニ ア地域を中心とした海外からの誘客と、それに伴う県内の受入れ環境の整備等の取り組みが これから重要となるため、大会の成功はもとより、大会後のレガシーをつくるために、大分 県と連携・協力して誘客プロモーションや受入れ環境整備に取り組むこととしました。

 

≪概要≫
RWC2019 においては、世界から注目されるマッチが大分県で実施されることから、観戦への 誘客や、県内の機運醸成をはじめとした受入れ環境の整備について、大分県と協力・連携 して取り組むことを確認し、2月07日(水)に協定を締結しました。

1. 協定締結

(1)日 時 :2018年2月 07 日 (水) 14 時

(2)場 所:大分県庁内

(3)出席者:

大分県企画振興部長 廣瀬祐宏、観光・地域局長 岡本天津男、
観光・地域振興課長 阿部万寿夫
JTB 九州 取締役営業部長 桂原耕一、大分支店長 渦古隆、担当課長 山口裕也

2.連携・協力する主な項目

(1) 誘客プロモーション
1 マーケティング
2 海外公式旅行会社へのプロモーション
3 海外メディア、インフルエンサー等を利用したプロモーション

(2) 受入れ環境整備
1 県内法人や県民の機運醸成
2 着地型旅行コンテンツの開発
3 県内経済団体や事業主への情報発信と理解促進
4 外国人宿泊受け入れの環境整備


株式会社JTB九州 広報室担当:岩下・黒田・内田
〒810-8561 福岡市中央区長浜 1-1-35 新 KBCビル5階
電話番号:092-751-1742 (平日 9:30~17:30)
ページトップへ