第13回 JTB交流文化賞 受賞作品決定

2018/01/24

株式会社JTB

★組織・団体部門最優秀賞

一般社団法人ReRoots(宮城県仙台市)

タイトル:「被災地域再生に挑め。『仙台の農村』を活かした学生の挑戦」

★一般体験部門最優秀賞

柴茜さんタイトル:「ひみつの夏休み」

★ジュニア体験部門最優秀賞

小学生の部:柿崎凌太朗君(小学校6年生)タイトル:「『生きる』ことが大切」

中学生の部:上田史比等君(中学校3年生)タイトル:「無職のライオン」

 

「JTB 交流文化賞」は、地域に根ざした持続的な交流の創造と各地域の魅力の創出、地域の活性化に寄与することを目的として、2005 年に創設されました。2017 年 8 月~9 月に募集した「第 13 回JTB 交流文化賞」は、地域の組織・団体を対象とした「組織・団体部門」と、一般の旅行者を対象とした「一般体験部門」小中学生対象の「ジュニア体験部門」の 3 部門で厳正な審査を行い、この度、受賞作品を決定しました。

 

今回は、「組織・団体部門」に49作品、「一般体験部門」に 88 作品、「ジュニア体験部門」に 1,313 作品の応募をいただきました。選考の結果、「組織・団体部門」は、一般社団法人 ReRoots(宮城県仙台市)「被災地域再生に挑め。『仙台の農村』を活かした学生の挑戦」をはじめ 3 作品、「一般体験部門」は、柴 茜(しば あかね)さんの「ひみつの夏休み」をはじめ3 作品が選ばれました。また、「ジュニア体験部門」は、小学生の部:柿崎 凌太朗(かきざき りょうたろう)君(小学校6年生)の「『生きる』ことが大切」をはじめ 8 作品、中学生の部:上田 史比等(うえだ ふみひと)君(中学校 3 年生)の「無職のライオン」をはじめ 8 作品が選ばれました。

本受賞結果は、1 月 24 日に執り行われるJTB 新春経営講演会にて発表し、授賞式を開催致します。受賞作品の全文はこちらをご覧ください。 ⇒ http://www.jtb.co.jp/chiikikoryu/koryubunkasho/

 

JTB グループは、事業パートナーやお客様とともに、地域が本来持ち合わせている自然や文化、歴史などの価値を損なうことなく、地域の特性を存分に活かした持続的な「交流」の創造、活性化へ寄与していきたいと考えています。これからも、JTB グループは長年の努力や斬新なアイデアに満ちた様々な交流事業を表彰し全国へ発信すると共に、観光を基軸とした地域活性化を推進するため、「持続可能な観光」と「双方向型の観光」の実現を目指してまいります。

 

<報道関係の方からのお問い合わせ先>
JTB 広報室 03-5796-5833
ページトップへ