年末年始(2017年12月23日~2018年1月3日)中部地区の旅行動向

2017/12/11

株式会社JTB中部

株式会社JTB中部(本社:名古屋市中村区 代表取締役社長:松本博)は、中部8(愛知・ 三重・岐阜・静岡・長野・福井・石川・富山) JTB グループ店舗の受注状況や国内旅行パッケージ 商品「エース JTB」、海外旅行パッケージ商品「ルック JTB」の予約状況などを基に、今年の年末年始(12 23日~13日出発)の中部地区における旅行動向をまとめました。

 

  1. 年末年始の旅行の特徴

今年の年末年始の休みは、暦通りならば、12 30 ()から13()5日間となります が、仕事納めを 28 () 29 ()とするところも多く、また4日、5日を休みとし 1228 ()から18(祝・月)までと長期の正月休みをとる企業もあります。昨年は 12 23 日が金曜日でクリスマス3連休となりました。今年はそれがありませんが、年末からの長期休暇取得が可能な日 並びともいえます。
旅行者数自体は、国内は前年をやや下回り、海外は前年を大きく上回る状況です。

 

2.国内旅行の特徴。 12 03 日付同期比

中部発国内旅行の年末年始期間 (12/231/3)における出発日のピークは、国内旅行パッケージ商品 「エース JTB」の予約状況から、12 31 日、1 02 日、1 01 日の順の見込みです。

航空機を利用した方面は 12 31 日、12 30 日、12 29 日の順で、年内出発に人気が集中してい ます。

人気方面ベスト 3 は、1 TDR2 USJ・阪神地区、3位 沖縄と3年連続で同じランキ ングとなりました。

全体の伸び率としては、航空機を利用した方面は前年並み、近間の鉄道やマイカーで行ける方面はわ ずかに前年を割っています。しかしながら、調査対象としていない104日から 08日の伸びは 150% 以上と好調に推移しており、長期でお正月休みが取れる方は旅行代金の下がる、1 04 日以降にお出かけになる傾向があることがわかりました。

 

3.海外旅行の特徴 1202日付同期比

中部発海外旅行商品の年末年始期間(12/23~1/3)における出発日のピークは、海外旅行パッケージ 商品「ルック JTB」の予約状況から、12 29日、12 30 日で、1 02 日、12 31 日、11日の順の 見込みで、前年を大きく上回っています。

人気方面ベスト3は、1位 ハワイ、2位 グアム、3位台湾の順で、ハワイが2年連続で1位とな りました。現在、ハワイへは日本航空が毎日、デルタ航空が週5便運航していますが、12 26 日~1 02 日まではデルタ航空が毎日運航となり、予約が取りやすくなったことが人気の要因の一つです。

また、昨年3位だったグアムが2位と好調なのは、ウズベキスタン航空の直行チャーター便が 12 29日から1 01 日まで午前発夕方帰りの便利な時間帯で飛んでおり、ハワイ同様に予約が取りやすく なったためです。結果、温かなリゾート地で過ごすことのできるハワイ、グアムが人気を集め、伸び率 も前年を大きく上回りました。

ヨーロッパは前年の 140%以上伸びており、スペインやイタリアと言った比較的温かな国だけでなく、 オーロラを鑑賞することができる北欧にも人気が集まっています。

アジア方面では、比較的近い台湾、香港、韓国は相変わらずの人気ですが、伸び率はわずかに前年を 下回っています。旅行日数が長くなるシンガポールやタイなどの方面は全体で前年を超えています。

 

報道関係の皆様からのお問い合わせ先
JTB 中部広報室 TEL:052-582-9481 担当:林
ページトップへ