第3回ジャパン・ツーリズム・アワードにて5部門受賞

2017/09/22

株式会社ジェイティービー

株式会社ジェイティービー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:髙橋広行、以下 JTB)およびグループの4 社は、このたび「第3 回ジャパン・ツーリズム・アワード」にて5 つの賞を受賞しました。

旅行スタイルが多様化していると言われる中、旅先でより快適に過ごせるサービスの提供、地域交流の高まり、増加する訪日外国人旅行者への情報発信の新たなコンテンツ、ユニバーサルツーリズムの推進など、JTB の様々な取組が評価されました。

JTB では、今後も人々の交流を創造し、ツーリズムの発展に貢献していきたいと考えています。受賞内容はそれぞれ以下の通りです。

 

◆領域優秀賞(海外領域):JTB ワールドバケーションズ

ハワイにおける顧客利便性の圧倒的拡大を目的とした「‘OLI‘OLI」ブランドの確立とマーケットニーズに正対した独自インフラ・サービスの継続的開発

1995 年より22 年以上に渡り「自由・快適・安心」をキーワードに、ルックJTB 利用者対象の独自サービス(携帯電話の貸出や緊急時のコールセンター、ツアーデスクの設置など万全のバックアップ体制からトロリーバス、レンタカー、ガイドブックに至るまですべて)を「‘OLI‘OLI」ブランドとして構築し、お客様へ付加価値を提供してきました。

2004 年には「自由、快適、安心」に「楽しさ」も加え、ハワイの食・カルチャー・自然を自由に体験できるエンジョイクーポンを新設しました。また、近年では、アラモアナやダウンタウンを周遊する’OLI’OLI ウォーカーの運行をスタートし、無料シャトルバスの運行エリア拡大や、人気ホテルでの専用ラウンジ設置など、更なる利便性と自由度向上に努めています。

今回、「ハワイのみならず、リゾート滞在型のインフラモデルを確立した点や、お客様満足の最大化とともに企画を多角化することで地域(ハワイ)の魅力の拡大につながり、同時にハワイ経済活性化に寄与した」として評価いただきました。

 

◆ビジネス部門賞(国内・訪日領域):JTB メディアリテーリング

復興支援から地域交流の創造へ(岩手県大槌町と JTB 旅物語の取組み)

産直列車やさっぱ船体験など震災以前から三陸ツアーを商品化していましたが、震災以降は三陸・大槌町周辺での社員ボランティアを継続実施しています。さらに、2016 年からは「大槌祭り」を商品化し、お客様が地域の方と触れ合うきっかけ作りも開始し、三陸と JTB 旅物語の関わりは復興支援から地域交流という次のステップに進んでいます。

 

◆メディア部門賞(国内・訪日領域):JTB グローバルマーケティング&トラベル

訪日旅行客向け無料マンガアプリ「Ms.グリーン」

日本各地の旅行情報、文化等をマンガという形式にして、日本語・英語・繁体字・簡体字の4 言語で国内外へ発信しています。地方自治体や地域企業と連携し、地域の情報や素材を発信することで、地域への誘客や消費を促すことに寄与しています。マンガの形式を採用することで、多くの情報を短時間で理解していただくことができ、台湾・香港などのアジア各国を中心に、全世界でのアプリダウンロード数は 44 万を超えています。

 

◆ビジネス部門賞(海外領域):ジェイティービー

業界唯一の全国店舗対応!JTB の海外透析ツアーおよび、透析予約サービスの取組

1989 年より世界各地での血液透析治療を予約できるサービスを提供しています。現在は業界で唯一、全国の店舗で海外旅行の相談・申込とあわせてサービスをご利用いただけます。

「年齢、性別、国籍、障がいの有無などにかかわらずお客様が安心してご利用いただける旅行会社」を目指しユニバーサルツーリズムを推進しています。

 

◆ その他の受賞

高品質旅行の先駆的な取組として、昨年 30 周年を迎えた、JTB 首都圏の高品質オーダーメイド旅行「ロイヤルロード」が努力賞を受賞しました。

<本件に関する報道関係の方からのお問い合わせ先>
JTB 広報室 03-5796-5833
ページトップへ