境港に寄港するクルーズ船外国人客向け相乗りタクシー実証の実施について

2017/09/20

株式会社JTB中国四国

株式会社JTB中国四国(本社:広島県広島市/代表取締役社長:大小田博之)は、株式会社未来シェア(本社:北海道函館市/代表取締役社長:松原 仁)と協力し、中国運輸局・山陰インバウンド機構から受託した、平成29年度広域周遊ルート形成促進事業「宿泊施設での外国人実態調査及び消費拡大のための実証調査」(以下、本実証)において、クルーズ船外国人客を対象とし、AIを活用した相乗りタクシーの実証を 行います。

 

2017年9月26日(火)と2017年10月6日(金)、境港市に寄港するコスタクルーズ社の「コスタ・ネオロマンチカ」の外国人客に対して、AIを活用したオンデマンド型相乗り移動サービス(SAV)※を提供、境港市内の観光地、レストラン、買い物スポット、温泉などの訪問地を相乗りタクシーで自由に訪問できる仕組みを実証し、クルーズ船寄港の際の時間内消費拡大の可能性について調査します。

※本実証で利用するシェアリング交通サービスSAV(Smart Access Vehicle)は、株式会社未来シェアと株式会社NTTドコモが共同開発している、モビリティサービスプラットフォームを利用しており、外国人向けの活用として初の事例となります。

 

また、本実証の外国人客には、鳥取県が実施している「テレビ電話による多言語観光ガイド実証実験」のアプリを提供し、境港市の観光情報の提供、およびコールセンターとして活用いたします。

 

 

なお、以下の通り、本事業内容の取材受付を実施いたします。

岸壁への入港に際し、顔写真入りの身分証明書を必ずご持参ください。車でお越しの際は、ゲート係員に取材である旨をお伝えください。

(当日は実際に実証の様子をご覧いただくことができます。)

日時:2017年9月26日(火) 12:00~13:00

場所:境港市 昭和南岸壁内特設テント

 

☆「Smart Access Vehicle」については、下記のURLをご確認ください。http://www.miraishare.co.jp/sav/

 

【実証事業に関する問い合わせ先】
JTB中国四国 交流創造事業部(担当:和田)082-542-5025
ページトップへ