「地元・居住地ウエディング」・「リゾートウエディング」、挙式スタイル別に大調査 【その1】

2017/08/10

株式会社ジェイティービー

株式会社ジェイティービー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:髙橋 広行、以下JTB)では、このたび「挙式準備における不安ポイント」と「挙式後の満足ポイント」に関する調査をおこないました。
本調査は、結婚式を挙げた経験がある20代~40代既婚女性 500名を、「地元・居住地ウエディング(地元や居住地の近くで挙げる結婚式)」経験者、「リゾートウエディング(国内または海外のリゾート地で挙げる結婚式)」経験者の2グループに分けて実施。
調査結果からは、「地元・居住地ウエディング」、「リゾートウエディング」いずれも、挙式前にはさまざまな「不安ポイント」があるものの、挙式後の満足度は両者ともに高いことが明らかになりました。また、「地元・居住地ウエディング」経験者よりも、「リゾートウエディング」経験者のほうが、挙式準備の不安が「完全に解消された」割合が高いこともわかりました。

 

「挙式準備における不安ポイント」と「挙式後の満足ポイント」に関する調査

●挙式準備において、不安・心配事があった花嫁は6割超。

●具体的な不安ポイントとしては、「費用がどのくらいかかるのか」がトップ。そのほか、「天候が式に影響しないか」、「準備に抜け漏れがないか」、「挙式当日、家族やゲストに喜んでもらえるか」なども上位に。

●挙式準備における不安ポイント全 13 項目中、11 項目において、挙式準備の不安が「完全に解消された」割合が多いのは「リゾートウエディング」という結果に。「リゾートウエディング」は、準備のスタート時には不安を感じていたとしても、不安が解消される、または杞憂に終わることが多い様子。

●「挙式準備中の不安をどのように解消・解決したか」については、「ウェディング会社・旅行会社の担当者に相談した」という回答が目立ったが、一方で「地元・居住地ウエディング」経験者、「リゾートウエディング」経験者で結果に違いが生じた項目もみられた。積極的にプロから意見をもらいつつ、心配を感じている内容や、自分のウェディングスタイルにあわせて、相談相手も上手に変えていくことが“不安解消”のコツになると言える。

●「挙式後の満足ポイント」では、「ロケーションがよかった」、「素敵な写真が撮れた」、「挙式当日、家族やゲストに喜んでもらえた」のポイントで、「リゾートウェディング」が「地元・居住地ウエディング」にそれぞれ 17~36 ポイントの差をつけた。

 

<調査概要>

■調査方法

インターネットリサーチ

■調査地域

全国

■調査対象者

20 代~40 代 既婚女性

※年代で均等割付

※下記 2 グループで均等割付

・地元や居住地近くでの結婚式(リゾートウエディング以外)の経験者:250

・リゾートウエディングの経験者:250

■有効回答者数

500 サンプル

■実施期間

2017 年 7 月 7 日(金)~2017 年 7 月 10 日(月)

 

1. 花嫁たちの「挙式準備における不安ポイント」とは?

まず、「挙式準備において、不安・心配事はありましたか?」と聞いたところ、61%の女性が「とてもあった・ まああった」と回答。【図1-1] 6割超と、多くの女性が挙式準備において不安を抱えていたようです。

 

 

そこで、具体的にどのような不安ポイントがあったかを聞くと、以下のような結果に。 【図 1-2】

 

 

最も多かった不安ポイントは、「費用がどのくらいかかるのか」で 91%。「結婚式は見積もりよりもだいぶ高くなる と友人から聞いたので」(34 歳/地元・居住地ウエディング)、「海外挙式のため、飛行機代・ホテル代・家族 の渡航費などの総額が想像つかなかったから」(38歳/リゾートウエディング)などの声があがりました。

次いで多かったのが、「天候が式に影響しないか」(86%)。海辺などでの挙式が多いリゾートウエディングだけでなく、地元・居住地ウェディングの場合でも、「チャペルまでの道や、フラワーブーケを受ける場所が吹き抜けだったから」(38歳/地元・居住地ウエディング)など、天候を案じていた人は少なくないようです。

また、「準備に抜け漏れがないか」(81%)、「挙式当日、家族やゲストに喜んでもらえるか」(80%)もそれぞれ8割以上という結果に。調査からは、花嫁たちがさまざまな不安ポイントを抱えながら挙式準備に臨んでいる様子がうかがえます。

 

2. 挙式準備における不安ポイントが「完全に解消された割合」が多いのは、「リゾートウエディング」だった!

そこで今回は、前問の「挙式準備における不安ポイント」全13項目(1位~13位)が、最終的にどの程度解 消されたのかを調査。さらに「地元・居住地ウエディング」経験者、「リゾートウエディング」経験者、2 つの グループそれぞれで不安が解消された割合を比較しました。

すると、全13項目中 11 項目において、挙式準備の不安が「完全に解消された」割合が多いのは「リゾートウエディング」という結果に。 【図2】「リゾートウエディング」は、準備のスタート時には不安を感じていたとしても、不安が解消される、または杞憂に終わることが多いと言えそうです。

中でも両者の差が目立ったのが、「招待者や席の配置がスムーズに決定するか」、「結婚相手と意見が合うか」、「両親、相手方の両親との意見が合うか」の3点。下記の通り、不安が「完全に解消された」割合において、それぞれ10ポイント以上の差がつきました。

 

 

. 不安の解消方法についても、「地元・居住地ウエディング」経験者、「リゾートウエディング」経験者で違いが

さらに、「挙式準備中の不安をどのように解消・解決したか」についても、項目によって「地元・居住地ウエディング」経験者、「リゾートウエディング」経験者で違いがみられました。

例えば、「挙式当日、家族やゲストに喜んでもらえるか」の項目をみると、「地元・居住地ウエディング」経験者では「結婚相手に相談した」が最多 (39%) であるのに対して、「リゾートウエディング」経験者の場合は、「ウェディング会社・旅行会社の担当者に相談した」(42%)という回答がトップに。【図 3-1】

逆に、「気に入った会場が見つかるか」については、「地元・居住地ウエディング」経験者は「ウエディング会社・旅行会社の担当者に相談した」(55%)、「リゾートウエディング」経験者は「結婚相手に相談した」(44%) という人がそれぞれ多いという結果になりました。【図 3-2】

一方で、「不安ポイント」で上位にあがった「費用」「天候」「準備の抜け漏れ」の3項目では、「地元・居住地ウエディング」経験者、「リゾートウエディング」経験者どちらの場合も、「ウエディング会社・旅行会社の担当者に相談した」という人が多い結果に。【図3-3/3-4/3-5】

積極的にプロから意見をもらいつつ、心配を感じている内容や、自分のウエディングスタイルにあわせて、相談相手も上手に変えていくことが“不安解消のコツ”であると言えそうです。

 

 

<報道関係の方からのお問い合せ先>
JTB広報室 03-5796-5833
<お客様からのお問い合せ先>
お近くの『JTBウエディングプラザ・デスク』へ
http:www.jtb.co.jp/wed/
ページトップへ