2017年夏休み(7/15~8/31)中部地区の旅行予約状況

2017/07/07

株式会社JTB中部

 

 株式会社 JTB 中部(本社:名古屋市中村区 社長:松本 博)は、中部8(愛知・三重・岐阜・ 静岡・長野・福井・石川・富山) JTB グループ店舗の受注状況や国内旅行パッケージ商品 「エース JTB」、海外旅行パッケージ商品「ルック JTB」の予約状況などをもとに、今年の夏休みの 中部地区における旅行予約状況をまとめました。

 

1.夏休み期間の旅行の特徴

 今年の夏休みは、717日の「海の日」の祝日を含む715()17 (月・祝)8 11日「山の日」の祝日を含む811(金・祝)813 ()2回の3連休を中心に 旅行需要が高まっています。特に8月は、お盆休みと合わせた長期休暇を取りやすい日並びとなっ ています。

 

2.国内旅行の特徴

国内旅行の予約状況は、ほぼ前年並みで、期間中の出発のピークは、813日、14日、12日 の順となっています。

 人気(予約人員)ベスト3は、1位は前年と同じ「東京ディズニーリゾート®」、2位 北海道、 3位 沖縄の順で、テーマパークやリゾート方面が上位を占めているのは昨年同様ですが、4位に 九州がランクインしていることから、遠方への旅行が人気であることがわかります。
 前年から最も数字を伸ばしている九州は、九州観光への需要が回復しているといえます。2位の伊豆箱根は、宿泊日別にみると、1位が814日、2位が海の日の連休の一部の715日とお盆 の813日が同数で、長期のお休みが取れない方々に人気があるようです。

 

3.海外旅行の特徴

海外旅行の予約状況は、前年を大きく超え好調に推移しています。

方面別の人気ベスト31位 ハワイ、2位 グアム、3位 台湾で、昨年の1位と2位が入れ 替わりました。1位のハワイの出発日のピークは、812日、13 日、11 日の順で、山の日とお盆 休みと分かれて出発される方が多くいらっしゃるようです。また、812 13 14 日のピーク 時に、ホノルルへのチャーター便を運航させているのも、予約数の増加要因となっています。

伸び率では、北米が 1位で、62日に新規就航したエア・カナダルージュを利用したカナダ方 面が人気です。バンクーバーへの直行便であるため、利便性が高く、ベストシーズンのカナディア ンロッキーやナイアガラへ訪れる方も多くいらっしゃいます。

伸び率の3位にはシンガポールがランクインしており、シンガポール政府観光局様とJTBによ る、シンガポールへの渡航を促進するキャンペーンの効果が表れているといえます。なかでもシン ガポールで初めてオープントップバスを走らせ、美しい夜景をご覧いただけるプランが人気となっています。

 

<トレンド情報>

レゴランド®・ジャパンに関連する募集型企画旅行(エースJTB)の予約状況

 4月1日にオープンしたレゴランド®・ジャパンは全国から大きな注目を浴びており、エース JTBをご利用いただき1万人以上のお客様がお越しになっています。
 8月に名古屋市内ホテル利用のエースJTBのコースへお申し込みのお客様は、昨年の倍以上のご予約を現在いただいています。

 

<報道関係の皆様からのお問い合わせ先>
JTB中部広報室
TEL:052-582-9481
担当:林
ページトップへ