雲仙天草国立公園 地域一丸で演出 夜間特別限定開催 源星かけ流し『雲仙仁田峠プレミアムナイト』【着地型観光プログラム】

2017/06/28

株式会社JTB九州

株式会社JTB九州(本社:福岡市中央区代表取締役社長:古田和吉以下JTB九州)は、JTBグループで国内パッケージ商品「エースJTB」を企画・実施する株式会社JTB国内旅行企画(東京都品川区、代表取締役:大谷恭久)と連携して、雲仙温泉観光・協仁会?田峠着地型観光実行委員会・雲仙旅館ホテル組合、JTB旅館ホテル連盟長崎支部と協同開発し長崎県・雲仙市の協力を得て、昨年期間限定で開催し、1,700名もの御客様に御参加いただきました『雲仙仁田峠プレミアムナイト』を今年も、装い新たに開催いたします。

 

■共催■
雲仙温泉観光協会、仁田峠着地型観光実行委員会、雲仙旅館ホテル組合、
JTB旅館ホテル運盟長崎支部、(株)JTB国内旅行企画、(株)JTB九州

■開催日■
下記の表を御参照下さい。

■雲仙地区の地域活性化をめざし地域と共に御参加の御客様御満足と感動を提供いたします■
昨年、雲仙地区の地域活性化の中心的な着地型観光プログラムとして仁田峠循環線開通初の夜間通行と雲仙ロープウェイ初の夜間運行を模索し環境省・長崎県・雲仙市と雲仙ロープウェイの協力を得て仁田峠通行とロープウェイ利用をセットにした「雲仙仁田峠プレミアムナイト」を開発しました。
当プログラムは、雲仙温泉地区の宿泊施設を中心に観光関連施設と雲仙温泉観光協会と日々協議を重ね宿泊需要拡大と観光消費拡大、及び地元が中心となった「おもてなし」意識向上による地域活性化を目指しています。

■昨年のお客様からのアンケートより■

雲仙温泉の地元有志の方々とお客様の満足を追求するという思いを共有し、日々のお客様の表情やアンケートより、成果と反省を繰り返し行いながら運営を図りました。
結果1,700名ものお客様にご利用を頂きアンケートにおいて多くの感謝のメッセージを寄せられ開発に関わった地元有志をはじめ関連する自治体や事業者と同じベクトルで進めてきたことがお客様の満足度に繋がりました。

■プレミアムとは…■
1956年(昭和31年)仁田峠循環線開通以降、2016年8月まで仁田峠と妙見岳には一般観光客は誰も足を踏み入れてなく、今年も当プログラムだけに通行を許可されています。
一説には、雲仙は比叡山・高野山よりも早くからの霊場として栄え、また女人禁制の山であり、その歴史は1300年前に遡ります。そして雲仙妙見岳は日本初の国立公園・特別保護地区に指定され、落ち葉ひとつ持ち帰ることができない神聖な空間として、今もなおその生態系を守っています。そのような深い歴史と大自然を、雲仙の観光関係者が専属でガイドを担当し、子供から大人まで分かり易くガイドをします。
旅程は、貸切バスにて島鉄バス雲仙営業所を出発し雲仙ロープウェイ仁田峠駅まで乗車、雲仙ロープウェイで妙見岳山頂展望台を訪れます。
妙見岳山頂付近にある展望台1,300mの高さから360度見渡せる満天の星空と眼下に広がる有明海と天草と島原の夜景をメインにプレミアムな夜にしか登場しないナビゲーターがご案内します。

 


■実施期間:夏期 2017年8月の金・土・日曜日 11日間 ※8月11日金曜日は除外
      秋期 2017年10月26日木曜日~11月4日土曜日 10日間

■料金:おとな3,000円こども1,500円

■行程:島鉄バス雲仙営業所 → 仁田峠循環道路 → 雲仙ロープウェイ → 妙見岳展望台 → 雲仙ロープウェイ → 島鉄バス雲仙営業所

■旅行代金に含まれるもの:貸切バス乗車代金・当プログラム専属ガイド・往復ロープウェイ代金

■所要時間:約2時間

■出発時間:19:30~20:30

■募集人員:夏期各出発日80名 秋期各出発日320名(最少催行人員は各号車1名)

■予約方法:JTBホームページの現地観光プラン

※詳しくは下記より検索をお願いします。
 JTBホームページ→現地観光プラン→雲仙仁田峠プレミアムナイトで検索
 全体の運営に関しては雲仙温泉観光協会とJTB九州長崎支店が共同で実施いたします。


 

■JTBグループが推進する交流文化事業■
JTBグループは地球を舞台にあらゆる交流を創造する「交流文化事業」を事業ドメインとしています。この交流文化事業を実現させるためにDMC(※)を目指し地域の行政や住民、民間企業など多様な方々と連携し眠っている地域資源の魅力を再発見し磨きをかけ情報を発信することにより日本全国、世界各国からの交流を促し地域活性化を図るという継続的な取り組みを推進しています。
こうした観光を基軸とした地域活性化の取り組みの知見を活かし今回の「雲仙仁田峠プレミアムナイト」を開発しました。

(※)DMCとは、デスティネーションマネジメントカンパニーの事で豊富な地域の知恵、専門性、資源を所有しイベント・ツアー・地域交流や地域活性化を企画提案する会社を指す。

○報道関係の皆様からのお問合せ先
(株)JTB 九州 広報室:TEL:092-751-1742 担当:黒田・酒井・岩下
(平日:09:30~17:30)

○一般のお客様からのお問合先
(株)JTB 九州 長崎支店:TEL:095-824-2400 担当:瀬戸・田 島
(平日:09:30~17:30)
ページトップへ