エースJTB「感動は今ここにある。絶景」発売

2017/03/01

株式会社ジェイティービー

 

 JTBグループで主力の国内旅行商品「エースJTB」を企画・実施する株式会社JTB国内旅行企画(東京都品川区、代表取締役社長:大谷恭久)は、日本国内の美しい絶景を「空から」「大地から」「海から」楽しむことのできる商品『感動は今ここにある。絶景』を3月3日(金)に発売します。

 

 本商品は、2016年に発売した『空から、海から。絶景』同様、近年話題と なっている「絶景」をお楽しみいただくことのできる商品です。本商品では、今まで絶景商品として設定していなかった新たな絶景を企画担当者が開拓し、エリアの販売拡大を図るべく、北海道、九州、沖縄の3方面で展開し、エースJTBがおすすめする特別な瞬間、特別な場所からのぞむ絶景を7コース設定しました。
 セスナに乗り「空から」のぞむ絶景、グラスボートや高速半潜水艇に乗り「海から」のぞむ絶景に加え、今回より地上からの迫力ある景色を楽しむ「大地から」のぞむ絶景コースを新たにご用意しました。
 「大地から絶景」コースは、北海道ではトマムの「雲海テラス」で大自然を体感するプラン、湖上に浮かびあがる幻のアーチ橋「タウシュベツ橋梁」を訪れるプランの2コース、九州では日本の滝100選にも選定された神秘の滝「原尻の滝」「真名井の滝」、九州のパワースポットとしても人気の高い「鍋ヶ滝」を巡るコースの合計3コースをご用意しています。

 

 

 感動の絶景を自宅に帰ってからもお楽しみいただけるよう、今回、本商品を      お申込のお客様限定で、「ソニーアクションカム」を代金不要でご利用いただけるオプショナルプランを全コースで設定いたしました。出発 7 日前までの事前予約で、先着 1 日 10 台、1 グループにつき 1 台の「ソニーアクションカム」をご用意します。
 「ソニーアクションカム」は小型・軽量のボディに「空間光学ブレ補正」機能などの高画質技術を搭載し、水しぶきなどでも安心の防滴性能を備えた、旅先の撮影に便利なデジタルビデオカメラです。旅行中に撮影した絶景映像はマイクロ SD カードとして自宅へ持ち帰ることもでき、ご旅行後も自身が体感した絶景を再び画面で楽しむことができます。

 

 

≪おすすめコース一例≫

【北海道】星野リゾートトマムに泊まる  雲海テラス 3 日間

 星野リゾートトマムの敷地内にある雲海テラスは、夏にリフトゴンドラの整備をしていたスタッフが雲海を発見し、お客様にもぜひ見て欲しいという思いから始まりました。エース JTB 商品では、特に混みあう上りのゴンドラ乗車レーンに、期間限定で  エース JTB 優先乗車レーンを設置し、スムーズに乗車できる特典をご用意しております。

■交通  往復航空機利用(羽田空港~旭川・帯広・新千歳空港)

■宿泊  1・2泊目  星野リゾート トマム ザ・タワー(ファミリーツイン利用)

■旅行代金  おとなおひとり様  56,000円~143,500円(2名1室利用時)

 

【北海道】幻のアーチ橋に出会う 3 日間

 北海道上士幌町にある「タウシュベツ橋梁」は、季節やダムの水位により見え方が大きく変わるため、「幻の橋」と言われています。橋の老朽化により完全な橋の形が見られるのはあとわずかと言われている「タウシュベツ橋梁」を地元の専門ガイドがご案内いたします。

■交通 往復航空機利用(羽田空港~新千歳空港・帯広空港)

■宿泊  1・2泊目  十勝川温泉第一ホテル(豆陽亭)

■旅行代金  おとなおひとり様  57,300円~89,800円(2名1室利用時)

 

【九州】神秘の滝 鍋ヶ滝・原尻の滝・真名井の滝をめぐる 3 日間

 日本の滝 100 選にも選定された滝をはじめとする九州の特徴的な 3 つの滝を巡るコース。東洋のナイアガラとも呼ばれる「原尻の滝」、JTB 感動の瞬間 100 選にも選ばれた「真名井の滝」、滝の裏側へ回ることのできる「裏見の滝」としても有名な「鍋ヶ滝」にご案内します。

■交通 往路航空機(羽田空港~大分空港) 復路航空機利用(阿蘇くまもと空港~羽田空港)

■宿泊 1泊目:山の宿新明館 2泊目:ホテル四季見(本館和室風呂なし)

■旅行代金 おとなおひとり様 107,600円~188,900円(2名1室利用時)

 

プラン詳細はこちらをご参照ください。

URL:http://ebook.jtb.co.jp/book/?1471045

「ソニーアクションカム」の詳細はこちらをご参照ください。

http://www.sony.jp/actioncam/

 

<報道関係の方からのお問合せ先>
JTB広報室
03-5796-5833
<お客様からのお問合せ先>
JTB旅の予約センター(東日本発)
0570-023-489
ページトップへ