国連の国際年「持続可能な観光国際年2017」の活動に協賛

2017/02/17

株式会社ジェイティービー

 

 株式会社ジェイティービー(東京都品川区、代表取締役社長:髙橋広行、以下 JTB)は、国際連合が採択した国際年の「持続可能な観光国際年 2017」活動に協賛しました。

 

 国連は 1 年ごとに世界的規模で取り組むべき重要課題を「国際年(International Years)」として総会で決議し、課題についての啓発や対策を促進する活動を行っています。2017 年は「持続可能な観光国際年」に制定されています。持続可能な観光(Sustainable Tourism)とは環境の破壊、文化の毀損、過度な商業化を避けつつ、観光客の観光地での行動規範などを見直すことを通じて観光地本来の姿を求めていこうとする考えや行動を意味します。観光がテーマとなるのは 1945年の国連設立以来 3 回目です。
 JTB グループは、本活動の中心となる国連世界観光機関(本部スペインマドリッド タレブ・リファイ事務局長  以下 UNWTO)の取り組みに賛同し協賛することといたしました。UNWTO は、国際連合の観光分野における専門機関で、観光を通じた豊かな社会の実現と各国の相互理解の促進を理念とし、責任ある持続可能な観光の促進を目的に活動しています。

 

 JTB グループでは、株式会社 JTB 総合研究所(東京都港区 代表取締役社長  野澤肇)が実施する「旅行地理検定」などを通じて、国際年の取り組みを告知すると共に、この協賛を機に JTB 総合研究所はUNWTO とパートナーシップ協定を締結し、「旅行地理検定」の受験料の一部を次世代の観光人材育成のために UNWTO に寄付することで活動を支援します。

*UNWTO ホームページより「持続可能な観光国際年」:
http://www.tourism4development2017.org/

 

<報道機関からのお問い合わせ先>
JTB 広報室
03-5796-5833
ページトップへ