2月8日 タイからの訪日団体客がチャーター便で仙台空港に到着 ~オフ期のチャーター便設定を通じた東北へのインバウンド拡大の一環~

2017/02/07

株式会社JTB東北

JTB東北(本社:宮城県仙台市)がチャーターした便を利用して、タイからの団体客が2月8日(水)に仙台空港に到着します。

バンコクを拠点とするJTBグループのJTBタイランド(本社:タイバンコク市)が募集した団体客の観光旅行に加え、日野モータースセールスタイランド株式会社様によるインセンティブツアー(企業の報奨旅行)約200名や、東北6県及び仙台市が招聘した旅行会社の約40名などを含め、合計約280名が来日します。(2月6日現在)

日野モータースセールスタイランド株式会社様インセンティンブツアーは仙台空港到着後、5日間の予定で北東北を訪れ『自然』、豊かな『食』などを楽しみます。特に、青森県では「十和田湖冬物語2017」、秋田県では仙北市の伝統行事「上桧木内の紙風船上げ」、岩手県では雫石町
「いわて雪まつり50th」など北東北の『まつり』を楽しんでいただきます。
また、招請した旅行会社のグループは、東北各地を視察し、11日には仙台市内で開催される商談会(主催:東北6県および仙台市)に参加し、今後のツアー造成において東北の素材の可能性について情報交換する予定です。
募集ツアーでは、宮城県「秋保工芸の里」でこけしの絵付け体験や最上川船下りの後、山形県あつみ温泉に宿泊、福島県では大内宿や鶴ヶ城などを訪れ、宮城に戻り、松島観光とショッピングを楽しんで頂きます。

また、JTB東北は、本チャーターの折り返し便を利用して、2月8日出発の企業や組織団体等の団体旅行やパッケージ旅行(旅行企画・実施:JTBワールドバケーションズ他)を販売し、JTBグループ全体としてチャーター便の2Way利用*を通じて仙台空港の利用促進にも貢献します。

JTB東北は、来年度も、東北地域と東南アジア都市間を結ぶチャーター便や、海外旅行会社向けのパッケージプランの設定、外国人向け宿泊サイトを通じた商品の発信といった、訪日外国人向け誘客のより一層の取り組み強化に臨んでまいります。

*チャーター便の2Way利用・・・二国間を相互に出発地・目的地とするチャーター方式

<報道関係の方からのお問い合わせ先>
JTB東北 CSR推進室 TEL:022-212-5550
ページトップへ