札幌ナイトエンターテインメントショー「GOTCHA」無料招待企画について

2017/02/02

株式会社JTB北海道

株式会社JTB北海道(本社:札幌市中央区、代表取締役: 笹本潤一)は、道内在学中との留学生と連携し、北海道の魅力を発信する取り組みを始動する。
JTB北海道は狸小路5丁目BFHホール(PLAZA2・5)の運営管理権を2017年1月より保有し、毎週月曜・金曜の限定で、外国人旅行客を対象に「GOTCHA」というナイトエンターテイメントショーを開催している。このショーを通じて、日本の伝統芸能を世界に発信するのと同時に札幌の夜の新しい魅力的な過ごし方を提供する試みの一つ。
訪日外国人客数は全国で2000万人を超え、そのうち約10%の200万人が北海道へ来道している事実に対して、留学生の数については、全国で約180,000人(2014年度)の在籍者数における北海道の留学生数は僅か約2,700人(2014年度)とその割合は1.5%と極めて低い数値。
このような現状を踏まえ、JTB北海道は、今まさに在学中の留学生に対して、北海道の観光の魅力だけでなく、豊かで安全な暮らしや学びを発信してもらうことで、北海道への留学者数の増大と優秀なグローバル人材の創出を目指す。
今回はその第一弾として、北海道日本語学院札幌本校(本校:札幌市中央区、校長:本田真里)の学生を「GOTCHA」に招待し、公演内容や感想をSNS等で世界に発信してもらい「GOTCHA」の認知拡大を促すことを目的とした取組み。
北海道日本語学院札幌本校は、2015年に設立された日本語学校で、生徒数は現在約90名でアジアを中心とした世界各国からの生徒が集まる。今年の3月には、設立以来最初の卒業生を送り出す予定で、学び育ったこの北海道の豊かな大地を第二の故郷として大切に感じてほしいという思いと今回のJTB北海道の取組みが合致した。
JTB北海道は、今後も当事業に興味関心のある学校や組織団体を招待し、留学生の持つ母国とのネットワークを活かして北海道の魅力をPRする。
問い合わせにつきましては、下記までお願い致します。

 

■「GOTCHA」概要

< 開催日 > 2017年1月20日(金)~3月31日(金)までの毎週月曜・金曜
< 開 催 時 間 > 開場20:00?20:30~21:30
< 価 格 > 2,800円
<コンテンツ> YOSAKOI、太鼓、日本舞踊、三味線、空手等々

●この資料に関する記者の皆様及び学校、組織団体からのお問い合わせ先
JTB北海道 総務部 担当:小林 TEL:011-222-4343
ページトップへ